シアリスは飲むタイミングの自由度が高い!

シアリスは飲むタイミングの自由度が高い!

食事の摂取によって飲むタイミングを左右されるED治療薬の中で、シアリスは例外なんです!

飲むタイミングを食事の影響で制限されないシアリス

シアリス(タダラフィル)はED治療薬で、従来のED治療薬として流通しているバイアグラとの違いは、体内に吸収させてしまうことで食事の影響を大きく受けないので、食事を取るかどうか考慮する必要がありません。
また投与後36時間は有効性が認められることから、飲むタイミングも難しく考える必要がありません。

シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」で、この成分の含有量により、5mg、10mg、20mgと呼び名が変化します。
シアリスの主成分タダラフィルは水に溶けない粉末です。

シアリスが大きく支持されるのは、その効果持続時間の長さです。
従来は4~6時間だったため、服用タイミングに気を使わなければならず、患者さんは薬効の期間を気にして焦ったり、不要なプレッシャーを感じることが多くありました。
シアリス タイミングはそのようなプレッシャーとは無縁なので、自然体で服用でき、神経質にならずにED治療を受けることが出来るようになりました。

シアリスは処方薬なので、必ず処方箋が必要となります。
人によっては処方出来ない方もいらっしゃいますし、併用している薬によっても処方出来ない場合がありますので、必ず相談の上、処方してもらうようにしましょう。

シアリスも薬ですから、アルコールを飲み過ぎていたり、食事を必要以上に取っている場合には効き目が薄れることもあります。
効果的な服用をするのであれば、食前の空腹時を選んで飲んだ方が良いでしょう。

顔のほてり、目の充血、頭痛などの副作用も起きる場合もありますが、そのような時には頭痛薬などで対処しても構いません。
長期服用によって抗体が出来て、効きにくくなるということはありませんが、疾患や加齢による効力の低下は起きます。

********
バイアグラ 通販サイト
タダリスを使ってED改善
シアリスの処方と服用について
勃起薬を探す